fc2ブログ

kawaii popを聴きながら

ことり文字のフォントファイルを出力したり、修正に修正を繰り返したりしています。


実際に出力してみると、、、いろいろとね、、、

OpenTypeはほんっとーにうまくいかないことが多いです。

TrueTypeならまかり通ってもOTは許してくれない。

もっとGlyphsの扱いにも詳しくならなければ、と何年も前から言ってますね。。

この間出た「Glyphsではじめる フォント制作」の書籍でも買おうかな……

それと、ことり文字アップデートと共に「ことりのことり。」のサイトも改装したいと考えていまして。

10年以上いじってないから、もう色々とコンテンツが古いのですよね。

そんなちまちました作業を繰り返すこのごろです。



その作業のお共に聴いているのが、somuniaさんの歌うgaogao氏の曲……「がおがおみゅーじっく」。

Nyaronsのchikaさんも歌っている、「早退ロマンチック」良き。

kawaii popって、ほんとに作業が捗るんですよ。中毒性がすごい。

これは、somuniaさんもカバーされてる「jelly girl」(まさいちろー氏作曲)。
Yunomi氏の「インドア系ならトラックメイカー」的な、聴いて損はしないタイプの曲。
仕事が捗るっ。
クラゲの曲は外さない。
それにしても、「やばたにえん」て、2018年にはすでにあったんだ、と思ったら、2013年ごろから流行りだしてたんですね。
全然知らなかった……そろそろ死語なんじゃないかなと思うけど。


こっちが、somuniaさんカバーの「jelly girl」。
somuniaさんの声がすき。

スポンサーサイト



2023.01.19 | | コメント(0) | 音楽

きみがいるから

先日、今月のみんなのうたの谷山浩子さんの歌を録画して観ました。


「きみがいるから」。

感想:ヒロコさんは、やっぱりさすがだ。

思いっきりヒロコさんで、クオリティが全く落ちていませんね。

私の幼い頃、好きだったみんなのうた(まっくら森の歌、しっぽのきもち、恋するニワトリ、おはようクレヨン等)から。

今も現役で、素晴らしいみんなのうたを創作してくださるヒロコさん、尊い。

提供曲の「ピヨの恩返し」も良いし、「花さかニャンコ」も良くて、今回の「きみがいるから」も素晴らしい。

私も最近はみんなのうたすらチェックしなくなってしまって。。

よろしくないですね、、YouTubeが楽すぎてテレビを見る元気がないの……

YouTubeは倍速で観られるのが便利すぎて。。(私の好みは1.5〜1.75倍速)

たまに普通の(倍速でない)映像を見ると非常に遅く感じるというね……



ここのところ、新しい音楽も発掘できていないです。

ハマれる作業用音楽がほしいです。探さねばです……

2022.04.19 | | コメント(2) | 音楽

cheruさんの再始動と思い出

昨日、PoPoyansのcheruさんのニューアルバムの報を聞きまして。

とても嬉しいです!☺️💕

ずっと、待っていたので。



また、cheruさんの歌声が聴けて、幸せだなぁと感じました。

CECILとか、大好きなのに もう新譜を望めないアーティストさんもいらっしゃるので、余計に。。

アナログレコードと配信での発売だそうですが、レコードはプレイヤーを持っていないので💦

12日に配信スタートとのことで、娘の誕生日はさっそくこのアルバムの配信を購入したいです。たのしみ……




以下、関係のない思い出話です。。


むかーし、子供の頃は、レコードとCDが聞けるでっかいプレイヤーがうちにもありました。

父が購入したもので、どこの会社だったか憶えていないけど、多分Victorかな???

父はもっぱら洋楽(いわゆるオールディーズっていうやつかな? 歌手名失念)を聴いていたようです。

レコードに針を落とす瞬間はなんとなく憶えているけれど、自分が何を聴いたかよく憶えていません。

初めて聴いたCDは、兄が初めて買ってもらったCDである「子猫物語」のサントラだったのを憶えているのだけど。

そういえば、「触るな」と言われていたソノシートを、べたべたに手で触って怒られた記憶があります。苦笑

記憶が定かではないけど、もしかするとその時ソノシートを折り曲げてしまったのかも😱

あれは確か、つくば万博が開催されていた日でした。

父と母が万博に私たち兄妹を連れて行こうとしていたのに、私と兄は家で遊ぶのに夢中になっていて、あろうことか

「行きたくない! 家で遊んでる!」と言い張って結局兄妹二人で留守番していたという。今だったら幼い子だけの留守番なんて虐待になってしまう案件

当時「万博」というものが何かよくわかっていなかったんですよね😅

それでその留守番中に、ソノシートにいたずらをやらかしたと記憶しています。

レコードにまつわる悲しい思い出がひとつありますが、それは封印しておくとして、

10代の後半に古い可愛い缶を蒐めていたことがあって、骨董市でよく古いレコード針の缶を買っていました。

多くの場合、何も入っていない空き缶なのですが、時折レコード針が当時のまま入っていることがありました。

ほとんどスチール製の針が入っていたのだけれど、一度だけ竹製のレコード針が入っていたことがあります。

昔、竹針でレコードを聴いていた時代があったんですよね。

竹針はスチールより柔らかい音がする?のだそうで、かの宮沢賢治が蓄音機で竹針を愛用していたとかいないとか。

この話、おそらく以前すずこんでも書いたことがありますね〜😉

th_P8076705.jpg
これがその竹針の入っていた缶。
左が未使用の針、右は使用済みとおぼしき針。
竹針は蓄音機に差し込む側を細く削る必要があった模様。

th_P8076704.jpg
缶を開けたところ。
まだたくさん入っています。

2021.08.06 | | コメント(0) | 音楽

MAGICAL MUSHROOM HOUSE🍄

ポプリのれいなさんの1stオリジナルアルバム「MAGICAL MUSHROOM HOUSE」を入手しました。

ここの読者の方に れいなさんのファン、かつ「MAGICAL MUSHROOM HOUSEなかなか手に入らないんだよ! 自分も欲しい!」……という方はおそらくいらっしゃらないでしょうから、遠慮なく自慢させていただきます😅


th_P2190706.jpg
きのこの形の可愛らしいケースに歌詞のブックレットとCDが入っています

ポプリでれいなさんを知り、れいなさんの歌と声が大好きになってから、ずっとこのアルバムが欲しいなぁと思っていました。

が、2014年のイベントで販売された他は通販くらいで、それもとうの昔に売り切れていたようで、手に入りませんでした。

th_P2190707.jpg
よーやく手に入れました

th_P2190708.jpg
裏もこんなに可愛らしいのであります

th_P2190709.jpg
れいなさんは歌も声も可愛いけど絵もとっても可愛いですよね

th_P2190710.jpg「nekomimi VS usamimi LOVE」は弾けていて良き

th_P2190711.jpgすみずみまで可愛くこだわって作られています

th_P2190713.jpg
この頃からもう、ポプリの相方ササキアツシさんがギターやマスタリングをされてるんですねっ

全体通しての感想は、ポプリのアルバムと比べると、れいなさんの原石っぽさというか、そういうのを感じました。

私はれいなさんはすごく才能のある方と思っているので、これからもれいなさんのご活躍、いや大活躍を期待したいです。

最近ポプリの情報が聞こえてこないので心配しております……😭

2021.03.05 | | コメント(0) | 音楽

PoPoyans/おやすみ前のあなたに

PoPoyansの1stアルバム「おやすみ前のあなたに」を、実に10年以上越しで入手しました♪

自主制作盤である1stアルバム「おやすみ前のあなたに」は、私がPoPoyansを知った時にはすでに品切れていて、ずっと手に入らなかったのです。

これでPoPoyansのアルバムを全て揃えることができたかな……

●おやすみ前のあなたに(自主制作盤1st)
●こわくない森(自主制作盤2nd)
●祝日
●ZOO
●TADANARANU4月(ライブ限定盤)
●6月 雨の花(ライブ限定盤)
●TADANARANU9月(ライブ限定盤)

これらのうち、普通に購入できるのは「祝日」と「ZOO」だけではないかな。。

th_P2060136.jpg
すでに幻の「おやすみ前のあなたに」。手書きで書かれた歌詞カードの文字がとても良き✨

th_P2060139.jpg
シブカル祭のライブで聴いた「よるのマーチ」とはだいぶ違って、少し驚きました

th_P2060137.jpg原っぱに〜うさぎ♪

th_P2060144.jpg
TADANARANU4月(ライブ限定盤)

th_P2060145.jpg「TADANARANU4月」の曲目。どれも私のお気に入りのうたです

th_P2060146.jpg6月 雨の花(ライブ限定盤)

th_109799.jpgTADANARANU9月。nonchanとちぇるさんにサインしていただいたもの。「あやさん」と書いてあります

サインしていただいたのだけど、サインしていただくの、恥ずかしくて、すごく頑張ってサインしてもらった記憶があります😖💦

自分がコミュ障すぎて情けない😭

PoPoyansは、2015年ごろから、もう長いこと活動されていないのが本当に残念です。

いつか いつかまた あたらしいPoPoyansの歌を聴ける日が来ますように……

2021.02.06 | | コメント(0) | 音楽

«  | ホーム |  »