fc2ブログ

雨の川越

前回の日記でご心配くださった方がいらっしゃるかもしれません、、ごめんなさい。

色々考えていますが、なかなかここ以上に自分に向いた場所というのもすぐは見つからないので、もう少しこのままブログを続けてみます。

ことりのことり。の方も改装したいなぁ等、思いはするのだけども思案中です。

以下、おさんぽの記録となります。


13日の木曜日、mさんの休日出勤の代休でしたが、行きたかった展覧会(みみをすますように 酒井駒子展)や、すみだ水族館(クラゲ←また!?)はすべて緊急事態宣言で休館。

どうやって過ごそうかと思っていると、急遽狭山市へ行かねばならない用事ができてしまったので、

用事が終わった後、狭山市の近くの川越の小江戸を歩いてみました。

川越は、「活版印刷三日月堂シリーズ」(小説)の舞台となっており、この小説が好きな私は、ちょうど2年前のGWにも川越を訪れていたりします。

しかし、人気の観光地となった川越は、当時ものすごい人でごった返しており、素敵な街並みを楽しむというより、人しか見えないよ〜という状態でした。

いやそれなりに楽しかったのだけど、人が多かった! というのが第一印象として残ってしまっていました。苦笑

でも、13日は天気が肌寒い雨で、平日でもあったので、人が少ないかもと見込んで川越へ再び訪れてみました。

それが大当たりで、あれほど人でごった返していた菓子屋横丁は店がほぼ開いておらず、もちろん人はほとんどいませんでした。

メインストリートの一番街は、お店はそれなりに開いており、かつ人は少なく、快適に散歩できました。


th_P5135336.jpg
傘越しに、川越市のシンボルである時の鐘。

th_P5135325.jpg
時の鐘の奥にある薬師神社の絵馬「めめ」。
目にご利益があるのですね👀

th_P5135334.jpg
小江戸川越銘菓「いも恋」。
蒸かしてあるあたたかい「いも恋」をひとついただきました。
優しい味で美味しい😊この日は肌寒かったので嬉しいあたたかさでした。

th_P5135332.jpg
川越のスタバはかっこいい。着物のお嬢さんが映える。
全部のスタバがこうだったらいいのに(無理言うな)。

th_P5135353.jpg
お店に植えられた木苺の花(ブラックベリーかな)。
うすいピンク色が繊細な美しさ。

th_P5135376.jpg
空き地に咲いていたキツネアザミの花。
べつだん珍しい花ではないけど、今住んでいるところの周辺では見ない花です。
小さくて柔らかい色で、普通のアザミより私は好き☺️

th_P5135389.jpg
これまた久しぶりに見たナワシロイチゴの花。
花弁を閉じているようだけど、この状態でちゃんと開花しています。
不思議な形で可愛いです。
幼い頃、トゲにもめげず、母が喜ぶと思って摘んでいったことのある花です。
当時母はすごく喜んでくれたけど。
あんなことしなければよかったって今は思っています……😞
(暗くなってしまった)それはそうと、このイチゴの実も食べたことがあって、すごく酸っぱかったです。
これはいい思い出です😅


この他にも、お花屋さんで小さなリースを購入したり、紅茶浪漫館シマ乃さんで紅茶とスコーンをいただいたりして帰りました。

紅茶浪漫館シマ乃さんは、前回訪れた時は混みすぎて入れませんでしたが、今回は私たちの他のお客さんは1組だけでした。

リースはてむくんの餌食にならないよう、てむくんの手の届かない場所に吊るしています。苦笑
関連記事
スポンサーサイト



Sety

酒井駒子展なんて予定されていたのですね!
 まぁ、このご時世なので、休止はやむを得ずですが。
  せっかくなので展示期間の延期を含めて考えていただきたいところです。

物理的な文化活動はどうしても制限されますよねぇ・・

2021.05.17 Mon 22:10
あや*
あや*

Setyさん、コメントありがとうございます*
酒井駒子さん、Setyさんもお好きですか?
7月くらいまで会期があるので、可能であればなんとか行きたいと思っています😢

娘の修学旅行まで中止になってしまって、コロナが憎い😭

2021.05.18 Tue 10:54
Sety

名乗れるほどのファンではないのですが、
 よるくまの衝撃は忘れがたく。
  魅力的な絵を描く方だと認識しています。

みんみちゃんの修学旅行に関しては残念ですね。

若者特有のカオスを体験できないのは、
 かわいそうだなぁと思いつつ。
  別のところで楽しみを見出してくれればなあと、
   思わずにはいられません。

2021.05.19 Wed 22:47
あや*
あや*

よるくま、私はもちろん娘も大好きな絵本でした😊
酒井駒子さんの全てのお仕事などは、私も到底追えていません。。
書店などで絵本や挿画を目にすると目に留まる程度のファンです;
それでも原画展、なんとか行きたいものです…

2021.05.20 Thu 12:22