fc2ブログ

未だ最適解を持たず

新しいMac環境(M1チップ搭載)では、BootCampが使えない問題について。

今までは、BootCampを使ってWindows環境を得ていましたが、それが使用不可になってしまいました。

これではフォントのWindows環境での動作確認等が不可能になってしまって困ります。

そこで、ParallelsDesktop18というWindows仮想化ソフトを試用してみました。

ParallelsDesktop18では、Windows11 Proをインストールして試用、というのが非常に簡単にできるようになっています。

もちろんWindows11のライセンスは別途必要で、あくまでWindows11も試用の形ですが。しかもHome版はインストールできずPro版のみらしく、Microsoftが憎くなる仕様

動作は軽く、Macを動作させながらWindowsも使えるのが非常に便利。

MacのデスクトップがそのまんまWindows画面に反映されるので、まさにシームレスな環境といえます。

私がライセンスを持っている旧バージョンのTTEditとOTEditが動作するか試してみると、きちんと動きました。

すごい。

Windowsのそういうとこ(古いソフトとの互換性を保つ)、だいすきっ! と思いました笑

Macは旧環境を早々に切り捨てすぎていけないよっ。

これはParallelsDesktopを購入決定かな、と考えていたのですが。

ふと思いついて、Macで拵えたZIPファイルをWindowsで解凍すると文字化けする問題も試してみることにしました。

ParallelsDesktop18でのWindows11で解凍してみると、全く文字化けせず。

なるほどと、旧MacのBootCamp内Windows7で同じファイルを解凍してみると、思いっきり文字化け😇

あっ……(察し😇

つまり、ParallelsDesktopでのWindows環境は純粋なWindows環境ではないんですね。

ParallelsDesktopはMacで使うことを念頭において作られているので、通常起こるMac↔Winのファイルのやり取りでの困りごとは、ParallelsDesktopがお膳立てして困らないようにしてあるんですね。

だって、MacのデスクトップがそのまんまWindows画面に反映されている=濁点・半濁点問題がParallelsDesktopを介して解決されている わけですから。

こりゃ、Mac環境でWindowsも使いたい人には非常に便利でも、Windowsでの動作確認には使えないですね。

純粋な(?)Windows環境では文字化けするという、それがわからなくなってしまっては逆に困るんですから。



ちなみに、Windowsで解凍しても文字化けしないZIPファイルの作れるMac用ソフトはいくつか出ていて、それを使えば圧縮ファイルの文字化け問題はクリアできそうです。

しかし、今まではフォント作成ツールであるTTEditとOTEditをフォント制作のメインに使っていたので、どうしてもWindows環境が必要でした。

けれどもこれからは、なんとかGlyphsをメインに据えて制作していく目処がつきそうです。

(「Glyphsではじめるフォント制作」のおかげ)

そうなると、今後Windows環境は動作確認(作ったフォントが正常にインストールできるか、使用できるか)のためだけに必要となります。

以上を踏まえると、ParallelsDesktopを導入ではなく、安いタブレットPCを購入するのがいいのかな〜等、色々思案中です。。

旧MacのBootCamp Windows7環境はまだ動作するので、それを使い続ける案もありますが、ノートパソコンじゃないから置くところがないんだよね……

Windows環境はあったらあったで便利なんですけど、なかなかシリコンMacでWindowsを動作させようとすると色々難しいですね。
関連記事
スポンサーサイト